法人への車の売却

個人への車の売却

車の売却先が個人の場合は、売却価格を決め、書類準備と手続き等、個人からの入金の確認、名義変更、車の引き渡しの売却の流れです。
個人間の場合の必要書類は、車を売る方の自動車検査証と自賠責保険証明書と自動車納税証明書と委任状や譲渡証明書と印鑑証明書とリサイクル券と住民票等と銀行通帳と身分証明書で、書類作成の際に実印が必要です。
車を買う方の必要書類は、管轄の警察署の車庫証明と、管轄の陸運局の申請書とその手数料納付書と取得する自動車税や自動車所得税申告書と、市町村区の役所で発行する印鑑証明書と身分証明書で、書類作成の際に実印が必要です。
個人間であっても相場を押さえておき、複数の買取会社に査定を出してみて検討して値頃感のある売買が理想で、トラブルもなく納得のいく売り方かもしれません。

契約書を確認

売買でのトラブル回避のための、お金のやり取りには気を使います。
車を売却すると、いつ振込されて自分の銀行口座に入金されるのかは大事なことです。
ディーラーでの下取りの場合は、車の売却金額がディーラーの新車の購入金額から差し引かれて充当されるので振込はありません。
車の買取のみ買取会社に売却する場合は、買取後に規定の期間までに自分の銀行口座に振込されます。
入金については大事なことなので、車を引き渡し前に売買契約で書面に記載されているか確かめて、口頭できちんと説明を受けましょう。
自動車ローンの残債等のある場合は、早急に返済します。
ディーラーの社員のように他人名義の車の手続きをすることもできますが、他人名義の車の名義変更には、所有者の実印のある委任状等が必要になります。